ブルースター☆

b0138425_20512126.jpg



* ブルースターの花言葉 *

      信じあう心 

* * * * * * * * * * 






★カガイモ科
★もっとも出回る時期・・・6月

ややつる性にまがる茎から花柄を伸ばし、直径2~3cmの
星のような形の花をいくつもつける多年草。

花は、つぼみのうちは淡紫色でピンク。
開花すると、淡青色に変わり、時間が経つうちに
紫色にかわる。このデリケートな色の移り変わりが特徴。
あまり自然には見られない青色が神秘的な雰囲気☆

ウェディングの“サムシングブルー”に使われる。
ブーケに◎!
# by orne | 2008-06-10 20:55 | 花豆知識 ・ 花ことば

さて、アレンジしたお花はどこに置いて飾るのがベストなのでしょう!?

お花を長く楽しむためのベストポジションをご紹介します!

b0138425_23175565.jpg














★ お気に入りは明るい日陰 ★

植物は、日光が大好き!と思ってしまいがちですが、
切り花のアレンジは、直射日光が当たるところに
置いてしまうと、水分が蒸発しやすくなり、もちが悪くなります。

また、水が温められることで、バクテリアの繁殖を促進してしまうことも。
同じ理由から、エアコンの風が当たるところも良くありません。

お花を長く楽しむためには、明るい日陰がベストポジション。
窓辺に飾るときは、レースのカーテンをかけると良いでしょう!

 
# by orne | 2008-06-04 23:27 | 花豆知識 ・ 花ことば

お花を長持ちさせるための工夫をご紹介します!

b0138425_012173.jpg















★ 茎は、花ばさみやナイフを使って斜めにカット! ★

お花の茎を切るとき、普通のはさみを
使っている人はいませんか?

普通のはさみでは、茎を押しつぶすような状態になり
水を通す導管もつぶしてしまいかねません。
カットするときは、花ばさみか、切れのいいナイフがオススメ!

切り口もまっすぐではなく、斜めにカットし、
断面が大きくなるように心がけて!
茎の吸い上げる水の量が増え
花のもちが変わりますよ。
# by orne | 2008-06-02 00:02 | 花豆知識 ・ 花ことば

生徒さんの作品

S.Kさんの作品
b0138425_2010571.jpgレッスン開催当初から参加していただいています。
スタッフ akiの
短大時代の同級生。

お花の間隔がうまくとれていますね。

ピンクのバラがちょこっと顔を覗かせていてかわいいです♪

これからも楽しんでね!
# by orne | 2008-06-01 20:13 | 生徒さんの作品

花瓶にお花をいけたり、オアシスをつかってアレンジしたりする時
お水につかってしまう余分な葉っぱはきっちり取り除くことが大切!

b0138425_259122.jpg














★ 水につかる葉っぱは取りのぞきましょう ★

葉は、アレンジのポイントになりますが、
たくさんありすぎると邪魔になるもの。

だから、余分な葉は思い切って取り除いた方がベター。
特に、水の中につかっているものは、腐ったりカビやすくなるので要注意!
ラナンキュラスなど、茎の柔らかい花は、葉と茎の間から
腐っていくことが多いタイプ。
結果、水を汚し、導管を詰まらせる原因にもなります。

予防のために、必ず事前にとっておきましょう!
# by orne | 2008-05-31 00:32 | 花豆知識 ・ 花ことば